【ボローニャモーターショー10】フェラーリ458チャレンジ、初公開

自動車 ニューモデル 新型車
458チャレンジ
458チャレンジ 全 8 枚 拡大写真
フェラーリは2日、イタリアで開幕したボローニャモーターショーにおいて、『458チャレンジ』をワールドプレミアした。

458チャレンジは、『458イタリア』をベースに開発されたレース専用車。従来の『F430チャレンジ』の後継車にあたり、2011年シーズンからワンメークレース、「フェラーリチャレンジ」に投入される。

直噴4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンはそのままに、最大出力570ps/9000rpmを発生。変更を加えたのは、 デュアルクラッチF1トランスミッションのギアレシオ。さらに、フェラーリのレース専用車として初めて、電子制御ディファレンシャルの「Eデフ」を装備し ている。

また、歴代フェラーリチャレンジモデルとして、初めて「F1トラック」を装備。これは、タイヤのグリップレベルを常時モニターし、路面がウェットかドライかによって、最高のトラクションを確保するシステムだ。

軽量化も促進されており、ボディパネルの薄厚化、カーボンファイバー&ポリカーボネートの採用などを実施。サスペンションには強化スプリングやシングルレートのアルミ製ダンパーが組み込まれ、車高は50mmローダウン。ブレーキは 『599XX』にも導入されたブレンボ製の最新カーボンセラミック、「CCM2」だ。タイヤはピレリ製19インチスリックを装着する。

458チャレンジは2011年、ワンメークレースの「フェラーリチャレンジ」でデビュー。欧州と北米に加えて、新たにアジアパシフィックシリーズも開催される。フェラーリは新型の実力について、「フィオラノのテストコースでのラップタイムは新記録の1分16秒5で、F430チャレンジを2秒上回った」と説明している。

《森脇稔》

【画像】【ボローニャモーターショー10】フェラーリ458チャレンジ、初公開(8枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  6. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  9. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  10. 道の駅かさま、キャンピングカー車中泊スペースにタイムズの予約制駐車場を導入
ランキングをもっと見る