メルセデス Sクラス 新型、PHV を追加設定へ…燃費は25km/リットル以上

自動車 ニューモデル 新型車
新型メルセデスベンツSクラスとトーマス・ウェバー取締役
新型メルセデスベンツSクラスとトーマス・ウェバー取締役 全 1 枚 拡大写真
ドイツの自動車大手、ダイムラーが5月15日に発表した新型メルセデスベンツ『Sクラス』。新型には遅れて、プラグインハイブリッド(PHV)が設定される。

現時点では、新型Sクラス用のPHVシステムの詳細は公表されていない。ただし、メルセデスベンツは、新型のプラグインハイブリッド搭載車が、『S500プラグインハイブリッド』を名乗ると公表。このことから、シリーズの上級車種として、位置づけられるもよう。

S500プラグインハイブリッドのハイライトは、大型サルーンとしては、異例の燃費の良さ。メルセデスベンツによると、欧州複合モード燃費は25km/リットル以上。歴代Sクラスで初めて、100km走行して消費する燃料が4リットル以下に抑えられるという。

ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車部門、トーマス・ウェバー取締役は、「新型Sクラスは、数年前までミディアムクラスでしか実現できなかった燃費や排出ガス性能を達成する」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 新型を使った自動駐車の実証実験
  • メルセデスベンツSクラス新型のAMGライン
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV