ブリヂストン、シボレー スパークEV の新車装着用タイヤに ECOPIA EP150 を納入

自動車 ビジネス 企業動向
ブリヂストン ECOPIA EP150
ブリヂストン ECOPIA EP150 全 2 枚 拡大写真
ブリヂストングループは、ゼネラルモーターズ(GM)が米国、韓国、欧州で発売予定の電気自動車、新型シボレー『スパークEV』に、新車装着用タイヤとして「ECOPIA EP150」を納入すると発表した。

ECOPIA EP150は、同社の材料技術「ナノプロ・テック」を適用したゴムなどを採用することにより、安全性能や操縦性能を維持しながら、転がり抵抗の低減を追求。スパークEVの特長である高い低燃費(低電費)性能や運動性能の実現に寄与する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ