東芝、石狩湾新港発電所向けコンバインドサイクル発電システムを受注

自動車 社会 社会
東芝は、北海道電力から石狩湾新港発電所の1号機LNG(液化天然ガス)火力発電設備向けに、米ゼネラル・エレクトリック社(GE)の新型ガスタービン9HAと東芝製最新鋭蒸気タービン・発電機を組み合わせたガスタービンコンバインドサイクル発電システム(GTCC)を受注した。

今回、受注したのは、世界最高のプラント熱効率62%(低位発熱量ベース、2014年4月15日時点。東芝・GE調べ)を実現したGTCC。計画出力は569.4MWで、工事開始は2015年10月の予定。今回、東芝とGEは、システムの効率性に加え、機器の信頼性、技術力、サービス体制などが総合的に評価され、受注に成功したという。

東芝とGEは、1982年からGTCCに関して協力関係にあり、1996年5月にはサービス分野で合弁会社「東芝・ジーイータービンサービス」を設立し、ガスタービン高温部品の国内でのメンテナンス体制を確立するなど、協力関係を構築してきた。2011年10月からは、50Hz(ヘルツ)および60Hzの地域に向けて、世界最高レベルの高効率なシステムについて、グローバルでの販売協力体制を構築し、本格的な商業販売を進めてきた。

東芝とGEは、今後も協力関係を維持・強化し、さらに高効率で、NOxやCO2の排出が少なく環境負荷の低いGTCCをグローバルに提案して、火力発電事業の拡大を目指すという。

《山内 博》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  2. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  3. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  4. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  5. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
  6. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  9. 【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義
  10. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
ランキングをもっと見る