明知鉄道、開通80周年記念して公式キャラデザイン募集

鉄道 企業動向
明知鉄道は明知線の開通80周年を記念して公式キャラクターを制定する。写真は明智駅の車庫。
明知鉄道は明知線の開通80周年を記念して公式キャラクターを制定する。写真は明智駅の車庫。 全 1 枚 拡大写真
明知線沿線の地域住民らで構成される「リニアまちづくり明知鉄道沿線住民委員会」は、明知線の開業80周年を記念して公式キャラクターを制定することにした。現在、キャラクターのデザインを募集している。

明知線は岐阜県恵那・中津川市の恵那~明智間25.1kmを結ぶ鉄道路線。1933年5月24日に大井(現在の恵那)~阿木間が国鉄線として開業し、その後順次延伸されて1934年6月24日に現在の区間が全通した。1985年11月16日からは第三セクターの明知鉄道が運営を引き継いでいる。

募集要件は「沿線住民に親しまれるSL及び、車両の鉄道ゆるキャラ」で、着ぐるみの製作が容易であることや、各種イベントで活用できるデザインを求めている。応募は明知鉄道ウェブサイトから申込用紙をダウンロードして送付する。締切は9月1日(必着)。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ