国立天文台、2016年の暦要項を発表…日食が2回・水星の日面通過が1回

宇宙 企業動向
太陽観測衛星「ひので」が遭遇した金環日食の画像・動画を公開
太陽観測衛星「ひので」が遭遇した金環日食の画像・動画を公開 全 1 枚 拡大写真
国立天文台は、2016年の暦要項を発表した。

暦要項は、国立天文台で推算した翌年の暦(国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食など)を掲載しており、国立天文台は、毎年2月の最初の官報で翌年の暦要項を公表している。

2016年は閏年となる。「国民の祝日に関する法律」の改正によって、8月11日に「山の日」が設けられることになった。

また、2016年には日食が2回、水星の日面経過(太陽面通過ともいう)が1回。3月9日には皆既日食があり、日本では全国で部分食を見ることができる見通し。

5月9日から10日にかけて水星の日面経過、9月1日には金環日食があるが、日本では見ることができない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV