【トヨタ オーリス 改良新型】愛知製鋼とトヨタ、高強度コネクティングロッド用鋼を共同開発

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ オーリス 改良新型 グレード120T
トヨタ オーリス 改良新型 グレード120T 全 5 枚 拡大写真
愛知製鋼は、自動車の燃費改善に貢献する高強度コネクティングロッド用鋼をトヨタ自動車と共同開発し、トヨタの新型ターボエンジンに採用されたと発表した。

エンジンの運動部品であるコンロッドは、軽量化により、部品自体の質量を低減できるのに加え、部品の慣性力、摩擦損失などの低減による、周辺部品への波及効果が見込まれるため、軽量化ニーズが高い。

コンロッドを軽量化するためには、耐久性を確保する必要があるものの、高強度化することで削り難くなることが課題だった。今回、鋼材から鍛造まで一貫したプロセス開発により、鋼の組織の最適化とバナジウム炭窒化物の析出制御による強化量の最大化を組み合わせることが可能となった。これによって、世界最高レベルの強度と現用鋼と同等の削り易さを両立した。

開発した鋼の採用によって従来と同等排気量クラスのエンジンコンロッドに比べ15%程度の軽量化を達成、自動車の燃費改善に貢献した。

今回開発した鋼は、トヨタの新型『オーリス』に搭載された8NR-FTSエンジンに採用された。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • 愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ