フォード、北米で20万台をリコール…各種警告灯が点灯しない

自動車 ビジネス 海外マーケット
フォード エスケープ
フォード エスケープ 全 2 枚 拡大写真
米国の自動車大手、フォードモーターは6月24日、北米で約20万3500台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、メーター類の不具合が原因。フォードモーターによると、車両の始動時、各種警告灯やチャイム、メッセージなどが作動しない可能性がある。これが、米国の安全基準に抵触するという。

リコールされるのは、2014-2015年モデルのフォード『エスケープ』と『トランジットコネクト』の一部。北米で販売された約20万3500台がリコールに該当する。

フォードモーターは、リコール対象車を保有する顧客に通知。販売店において、ソフトウェアを改修するリコール作業を行う。

なお、フォードモーターは、「この不具合に関連した事故や負傷者についての報告はない」と説明している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォード エスケープ改良新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • フォード エスケープ 改良新型
  • フォード・エスケープ・ハイブリッド
  • フォード フォーカスST
  • ホンダ N-ONE 新型の予想CG
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ノビテック マクラーレン セナ チューニングカー
  • メルセデスベンツ GLC 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ