鉄道博物館の全面リニューアル、規模を縮小へ…2018年夏頃オープン

鉄道 企業動向
計画変更後の鉄道博物館新館のイメージ。2018年夏頃のオープンを目指す。
計画変更後の鉄道博物館新館のイメージ。2018年夏頃のオープンを目指す。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本と東日本鉄道文化財団の2者は2月19日、鉄道博物館(さいたま市大宮区)のリニューアル計画を変更すると発表した。建設費の高騰などに伴い新館の規模を縮小し、オープン時期も当初の予定(2017年秋)より1年ほど遅い2018年夏頃に変更する。

2者は2014年11月、鉄道博物館を全面的にリニューアルすると発表していた。本館の南側に、延床面積約8500平方m、展示面積約4800平方m、地上5階建ての新館を建設し、環境への負荷を低減するためのシステムも導入。「仕事」「未来」「歴史」「旅」をテーマにした四つの展示ゾーンを設ける計画だった。これに伴い本館もリニューアルし、展示ゾーンは「車両」と「科学」の二つに再構築することになっていた。

今回の2者の発表によると、新館は地上4階建てに変更し、延床面積は約6000平方m、展示面積は約3500平方mに縮小。展示ゾーンも「仕事」「未来」「歴史」の三つに縮小する。環境負荷低減システムの導入計画は一部を取りやめる。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。

ピックアップ

Response.TV