ホンダ、環境コミュニケーション大賞 持続可能性報告優秀賞を受賞

自動車 ビジネス 企業動向
第19回環境コミュニケーション大賞 表彰式
第19回環境コミュニケーション大賞 表彰式 全 1 枚 拡大写真
「ホンダ サステナビリティレポート 2015」と「ホンダ 環境年次レポート2015日本」が、第19回環境コミュニケーション大賞の環境報告書部門において「持続可能性報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞した。

サステナビリティレポートは、ホンダのサステナビリティ(持続可能性)に関する考え方や、非財務領域の重点課題に基づく活動および取り組みをまとめたもので2015年度に初めて発行。それまでのCSRレポートと環境年次レポート(グローバル編)で報告してきた内容を統合し、グローバルでの環境取り組みについて報告している。

また、環境年次レポートは、2014年度の日本における環境取り組み実績と2015年度の目標をまとめたもの。地域に密着した活動に対してフォーカスを当てることで、より身近で親和性があり、地域のニーズに即した環境訴求を行っており、昨年に続き2回目の受賞となる。

ホンダは、環境課題への対応として、全世界で販売する二輪・四輪・汎用製品のCO2排出量原単位低減を目標に掲げている。また、自らの企業活動で発生する環境負荷の最少化を目指し、「企業活動における中期環境取り組み計画」も策定しており、それらの目標に対する進捗と実績などを、国際的なサステナビリティ・レポーティングのガイドラインであるGRI(Global Reporting Initiative)を参考に開示している。

今回の審査では、2050年に向けたトップマネジメントのコミットメントを含み、かつグローバルなCSRマネジメントの実践が報告されていることや、グローバル企業のサステナビリティレポートとして相応しい内容・レベルの報告書であること、さらに、豊富な人材開発関連データに加えて環境に関しては環境レポートを発行しており、CSRの重要課題についてデータに基づく質の高い報告に挑戦している点が高く評価され、持続可能性報告優秀賞の受賞となった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダの新型二輪車のティザーイメージ
  • ホンダ・アコード、デザイン A案
  • ポル・エスパルガロ(KTM。2019年11月、バレンシアテスト)
  • #7 角田裕毅
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ