自動車部品大手 マグナの決算、純利益は1.1%増…2015年

自動車 ビジネス 企業動向
マグナインターナショナルのセダン用の次世代リアシートシステム
マグナインターナショナルのセダン用の次世代リアシートシステム 全 1 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナルは2月26日、2015年通期(1-12月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は、321億3400万ドル(約3兆6437億円)。前年の344億0300万ドルに対して、7%減少した。

一方、2015年通期の純利益は、19億4600万ドル(約2206億円)。前年の19億2400万ドルに対して、1.1%の増益となっている。

同社によると、2015年通期の決算には、米ドルの為替相場の変動が、売上にマイナスの影響を与えたという。

マグナインターナショナルのドン・ウォーカーCEOは、「2015年の業績は、満足できるもの」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マグナの「コンポジットスペースフレーム」の製造過程
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ