クライスラーのカナダ工場、ミニバン累計生産1000万台…33年で達成

自動車 ビジネス 企業動向
クライスラー パシフィカ
クライスラー パシフィカ 全 3 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA US(旧クライスラーグループ)は5月上旬、カナダ・オンタリオ州のウィンザー工場におけるミニバンの累計生産台数が1000万台に到達した、と発表した。

ウィンザー工場では1983年、ミニバンの生産を開始。初代ダッジ『キャラバン』は、北米市場におけるミニバンのパイオニア的存在となった。

今回、ウィンザー工場のミニバンの累計生産台数が1000万台に到達。初代ダッジキャラバンから数えて、およそ33年で打ち立てた記録となる。

またミニバンは、現在ではFCAの他の工場でも生産中。 1983年以来の累計生産台数は、1430万台を超えている。

なお、ウィンザー工場では、新型ミニバンの『パシフィカ』の生産を開始している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • リアル キッズ アートキャンペーン
  • ジープ・グランドチェロキー
  • ジープBIKINI Editionの2台
  • FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・へグストロム氏
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 
  • ジェネシス GV80 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!写真は「GLA45」

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/05/25/275721.html/article/2016/05/25/275720.html/article/2016/05/25/275722.html