【ハーマン オートモーティブ】未来のクルマに入り込む、世界最大級のオーディオブランド

自動車 ビジネス 企業動向
ハーマンインターナショナルジャパン・仲井一雄社長
ハーマンインターナショナルジャパン・仲井一雄社長 全 16 枚 拡大写真
東名高速道 名古屋ICにほど近い、東山通り沿いに、JBL、AKG、Mark Levinsonなどのオーディオブランドを抱える、世界最大級のオーディオメーカーの日本拠点がある。ハーマンインターナショナルの自動車用インフォテイメントシステムを開発・試験するオフィスだ。

5月下旬、この4階建てビルのなかで、ハーマン(Harman International)が展開するコネクテッドカー関連技術の展示会が行われ、同社日本法人(Harman International Japan)仲井一雄社長や大久保千弥マネージャーが登壇。技術公開の前段、ブランド展開などについて語った。

家電オーディオ製品の輸入販売、自動車用インフォテイメント・オーディオシステムの開発などを行うハーマンは、前述のジェービーエル(JBL)、アーカーゲー(AKG)、マークレビンソン(Mark Levinson) をはじめ、ヤーバッズ(yurbuds)、ハーマンカードン(Harman Kardon)、バング アンド オルフセン(Bang & Olufsen)、バウワース アンド ウィルキンス(Bowers & Wilkins)、インフィニティ(Infinity)、レベル(REVEL)、エスエムイー(SME)、シルテック(SILTECH)、クリスタル・ケーブル(Crystal Cable)などを有し、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの30か国以上で拠点を構えるオーディオメーカーだ。

「ハーマンカードンは、国内メーカーではスバル、欧米ではBMW、MINI、メルセデス・ベンツ、ジープ、ボルボに、マークレビンソンはレクサスに供給。そしてマークレビンソンとは対照的に多彩なラインナップを展開するJBLは、トヨタ、フェラーリに提供している」と大久保マネージャー。

欧米と日本、オーディオ好きの耳にも“好み”があると思われるが、「国内向けチューニングといったような特別な差はつけてない。それよりも確固たるブランドを維持することが大事。ファクトリーは共有する部分もあるが、各ブランドのエンジニアがその“音”をつくりだしている」ともいう。

国内では、この名古屋オフィスをはじめ、秋葉原本社や亀戸、群馬・太田、静岡・浜松などにオフィスを構えるハーマン。同社のインフォテイメントシステムはスズキの新型『イグニス』にも採用されている。

仲井社長は、「現在、国内のスタッフは174人。来年はさらにインフォテイメントやブランデッドオーディオのエンジニアを増やしていく。また、セキュリティ強化とともにコネクテッドカーをリードするブランドとして存在感を高めながら、クラウドサービスやビッグデータなども推し進めていく」とも話していた。

《大野雅人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  2. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  3. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  4. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  5. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  6. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  7. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  8. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  9. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る