日光・鬼怒川エリアの東武各社、案内サインを統一

鉄道 企業動向
リニューアル後の案内看板のイメージ。バスの系統番号などのピクトグラムも統一する。
リニューアル後の案内看板のイメージ。バスの系統番号などのピクトグラムも統一する。 全 2 枚 拡大写真
東武鉄道などは11月9日、日光・鬼怒川エリアの案内サインを統一すると発表した。訪日外国人観光客向けのサービス向上の一環。バスの位置情報検索サービス(バスロケーションシステム)の導入なども行う。

日光・鬼怒川エリアで列車やバス、船を運行している東武グループ各社の発表によると、各社の案内看板などのデザインを統一。バスの運行系統などを表す絵文字(ピクトグラム)も統一する。日本語・英語・中国語(簡体字)・韓国語などによる多言語表示に対応し、訪日客にも分かりやすい表示を目指す。本年度内に順次整備する。

バスロケーションシステムは12月5日から使用を開始する。東武バス日光の日光営業所管内の全路線に導入。バス待合所などに設置したデジタルサイネージや利用者の携帯端末に、バスの運行・位置情報を多言語で提供する。これにより利用者の利便性向上や混雑の分散を図るという。

このほか、中禅寺湖機船や東武バス日光が交通系ICカードに対応した多言語券売機を導入。訪日客向け無料公衆無線LANサービス「TOBU FREE Wi-Fi」もサービス範囲を拡大し、東武バス日光の待合所や中禅寺湖機船の船内、明智平ロープウェイなどでも利用できるようにする。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。

ピックアップ

Response.TV