海外在住の日本人、JR乗り放題切符の購入不可に

鉄道 企業動向
訪日客向けのフリー切符「ジャパン・レール・パス」は、原則としてJR全線の列車を利用できる。写真は東海道新幹線。
訪日客向けのフリー切符「ジャパン・レール・パス」は、原則としてJR全線の列車を利用できる。写真は東海道新幹線。 全 3 枚 拡大写真
JR旅客6社は11月11日、訪日外国人旅行者向けに発売しているフリー切符「ジャパン・レール・パス」について、これまで特例として取り扱ってきた海外在住の日本人への発売を終了すると発表した。

「ジャパン・レール・パス」は国鉄時代から発売されているJR全線のフリー切符。『のぞみ』『みずほ』を除く新幹線と在来線の特急・急行・快速・普通列車に乗ることができ、期間は7・14・21日間の3種類、座席はグリーン車用と普通車用の2種類が発売されている。

原則として短期滞在の資格で訪日する外国人のみ購入できるが、外国に居住している日本人でも、その国の永住権を持っているなど一定の条件を満たしていれば購入することができる。今回の発表によると、海外在住日本人への発売は2017年3月31日の引換証発売をもって終了する。

このほか、2017年3月8日から2018年3月31日までの約1年間、「ジャパン・レール・パス」を日本国内で試験発売することも決まった。現在は日本国外の旅行会社などで引換証が発売されており、訪日後に指定の窓口でパスポートを提示した上で引換証と切符を交換する仕組みになっているが、試験発売ではあらかじめ引換証を購入する必要がない。

国内試験発売の発売額は7日間・普通車用の場合、大人3万3000円・子供1万6500円。事前に引換証を購入する場合の発売額(大人2万9110円・子供1万4550円)に比べ数千円高い。東京駅や成田空港駅、関西空港駅などで発売される。短期滞在の資格で日本を訪れる外国人旅行者のみ購入でき、購入に際しては日本国以外の政府などが発行するパスポートを提示する必要がある。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
  • 「憧れの街」をデザインコンセプトにした銀座駅のホーム。壁面には「古き良き銀座の街並み」のイメージが描かれている。
  • N700S

ピックアップ

Response.TV