【ユーロNCAP】ホンダ シビックハッチバック 新型、4つ星

自動車 テクノロジー 安全
ホンダ シビック ハッチバック 新型
ホンダ シビック ハッチバック 新型 全 6 枚 拡大写真
欧州で唯一、公的な衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは7月5日、新型ホンダ『シビックハッチバック』の衝突安全テストの結果を公表した。最高5つ星のところ、4つ星評価にとどまっている。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突32km/h、歩行者衝突40km/hで行う。ユーロNCAPの評価システムは、評価の4項目に応じて、ポイントを配分するもの。最新の制度では、最重要視される「成人乗員保護性能」に、ポイントの40%を配分。「子ども乗員保護性能」と「歩行者保護性能」、エアバッグやABS、ESCなどの「安全補助装置」の3項目には、各20%を配分する。

さらに、ユーロNCAP は2015年から、前面フルラップ衝突テストを導入。背の低い女性ドライバーと、後席に乗員を乗せた状態を想定し、テストを行う。緊急回避の自動ブレーキをはじめ、先進の安全装備も、評価基準となった。

最高の5つ星を得るためには、「成人乗員保護性能」で80%以上、「子ども乗員保護性能」で75%以上、「歩行者保護性能」で60%以上、「安全補助装置」で50%以上のポイントを獲得するのが条件。4項目のひとつでも、基準のポイントを下回り、4つ星以下となった場合、総合評価で5つ星と認定されない。

新型シビックハッチバックのテスト結果を検証すると、成人乗員保護性能が35点(92%)で、5つ星の条件に適合。しかし、子ども乗員保護性能は33点(67%)にとどまり、5つ星の条件の75%に届いていない。一方、歩行者保護性能は31.7点(75%)で、5つ星に該当。安全補助装置は10.7点(88%)となり、5つ星に必要な50%を超えた。

子ども乗員保護性能の判定の影響もあり、新型シビックハッチバックの総合評価は、最高5つ星のところ、4つ星に。それでも、成人乗員保護性能、歩行者保護性能、安全補助装置の3項目では、最高評価の5つ星を獲得している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ純正アルミ新シリーズ
  • 2020シビック タイプR ※カラーリングは暫定
  • ホンダ・シビック・タイプR 改良新型のリミテッドエディション
  • ホンダ・シビック・タイプR 改良新型(米国仕様)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ