えちごトキめき鉄道「サイクルトレイン」臨時運行…旧線跡の自転車道40周年で

鉄道 エンタメ・イベント
久比岐自転車道40周年イベントにあわせて日本海ひすいラインでサイクルトレインが運行される。写真は日本海ひすいラインの普通列車。
久比岐自転車道40周年イベントにあわせて日本海ひすいラインでサイクルトレインが運行される。写真は日本海ひすいラインの普通列車。 全 2 枚 拡大写真
えちごトキめき鉄道(トキ鉄)は9月16・17日の計2日間、新潟県道542号上越糸魚川自転車道線(久比岐自転車道)の40周年記念イベントにあわせ、日本海ひすいラインの直江津(新潟県上越市)~糸魚川(糸魚川市)間で「サイクルトレイン」を運行する。

久比岐自転車道は、日本海沿いに上越市と糸魚川市を結ぶ全長約30kmの自転車道。1960年代に北陸本線(現在の日本海ひすいライン)直江津~糸魚川間の線路が内陸寄りの新線に切り替えられたため、海沿いの旧線跡地を活用する形で整備された。40周年記念イベントは9月16・17日の10時から16時まで開催。沿道5カ所の会場でさまざまなイベントが行われる予定だ。

トキ鉄は「往復ともサイクリングは厳しい」という初心者や子供の片道利用を想定し、自転車を車内に持ち込めるサイクルトレインの運行を計画。1両編成の専用臨時列車として、直江津発~糸魚川着の列車と糸魚川発~直江津着の列車を運行する。途中駅では乗り降りできない。参加費は大人1100円・子供770円。申込みは電話と電子メールで受け付けている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。

ピックアップ

Response.TV