モンテカルロラリーに参戦のスバル 1300G をレストア…当時の色を水性塗装で再現

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ラリーに参戦のスバル1300Gの当時の色を水性塗装で完全再現…アクサルタ
ラリーに参戦のスバル1300Gの当時の色を水性塗装で完全再現…アクサルタ 全 5 枚 拡大写真
東京大学とホンダ テクニカル カレッジの学生共同チーム「Team MUSOH」 が、2018年1月末に開催される「ラリー・モンテカルロ・ヒストリック2018」に参戦する。このラリーは、過去にモンテカルロラリーに参加したことのある1955年から1980年までのモデルのみが参加できるレースで、Team MUSOHは、今回のイベントのために「スバル1300G」をレストアし、当時の姿に完全に復元させて参戦する。

実はこのスバル1300Gの塗装は、自動車塗料のグローバル企業、アクサルタ コーティング システムズが提供した「水性塗料」で塗装されているのだ。



このサポートにおいて、アクサルタは1950年から1960年まで販売されていたスバルのオリジナルOEMカラーのサンプルを準備することから始まったという。そのカラーサンプルには、コットンホワイト、キャスレホワイト、プラザホワイトがありました。Team MUSOH のスバルには「キャスレホワイト」が選ばれた。

◆ちなみにレストア前のスバル1300Gはコレだ。




驚くべきことに、アクサルタはスバルの古いOEMカラーのマスターピースを保存していただけでなく、最新技術の水性ベースコート「スタンドブルー」を使ってカラー配合を開発したという。

「弊社の持つ技術を最大限活用ができたことが、昔の色を正確に再現できた要因です」と、このプロジェクトの責任者であり、アクサルタジャパンのAPアカウントマネージャーを務める宮本祐二氏は述べている。

このプロジェクトを進めるにあたり、8月にアクサルタ宇都宮トレーニングセンターで水性塗料の正しい塗装法を習得するためのトレーニングをTeam MUSOHに実施した。Team MUSOHは、9月末には塗装が無事完了し、ホンダ テクニカル カレッジの学園祭でスバル1300Gがお披露目された。



その後、10月には車の改造を済ませ、11月に日本で行われるラリーにテストのため出場し、ラリー・モンテカルロに向けての準備を進めており、スバル1300Gは、12月にはラリーに向けて欧州に輸送されることになっている。



このラリー・モンテカルロプロジェクトは、東京大学とホンダ テクニカル カレッジの学生教育プログラムの一環として行われているもので、両校の学生は、アクサルタのサポートによって貴重な経験を得ることができた。

ラリーに参戦の「スバル1300G」の当時の色を「水性塗装」で完全再現…アクサルタ

《カーケアプラス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー、シトロエン、DSオーナー向けの純正アフターパーツ「ユーロレパー(EUROREPAR)」
  • 日本の機械遺産として「戦車」を残すことはできるのか? 
  • 【大阪市】洗車好きにはお馴染み“ソフト99”印のプロ施工店 ソフト99オートサービス
  • 日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー【愛車 File.15】
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ