車内もライオンズ…西武鉄道「L-train」3代目デビュー

鉄道 エンタメ・イベント
3代目「L-train」の外装イメージ。従来の「L-train」のデザインを踏襲する。
3代目「L-train」の外装イメージ。従来の「L-train」のデザインを踏襲する。 全 4 枚 拡大写真
関東大手の西武鉄道は、プロ野球球団「埼玉西武ライオンズ」の創設40周年にあわせ、3代目「L-train」を導入する。現在の2代目「L-train」は2018年度末に運行を終了することが決まった。

「L-train」は、外装を埼玉西武ライオンズのチームカラーである濃紺(レジェンドブルー)に塗り、チームロゴなどで装飾した車両。初代は3000系電車の8両編成1本(第3015編成)を使用し、2010年7月から2013年12月まで運行された。2016年1月からは、9000系電車の第9108編成(10両)を使用した2代目「L-train」が運行されている。

3代目は20000系電車の10両編成2本で、第20104編成と第20105編成を使用。外装は従来の「L-train」のデザインを踏襲し、内装も「埼玉西武ライオンズを感じることができるデザイン」にしたという。

1月15日から池袋線・狭山線・新宿線・拝島線などで運行される予定。1月26日には狭山線の西武球場前駅5番オームで10時45分から出発式が行われ、ファンクラブ会員限定の臨時特別列車として所沢駅まで運行される。ライオンズの選手1名が出発式に出席して臨時特別列車にも乗車する。

9000系の2代目「L-train」は、2018年度末に運行を終了する予定。それまでは2代目1編成と3代目2編成による3本体制で運行されることになる。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。

ピックアップ

Response.TV