JR北海道の新型電気式ディーゼルカー「DECMO」が落成…キハ40系を置き換えへ

鉄道 テクノロジー
2月13日に搬入されたH100形2両。JR東日本が新潟・秋田地区に投入するGV-E400系と基本仕様は同じだが、側面には愛称名の「DECMO」と形式名の「H100」のロゴが付けられている。
2月13日に搬入されたH100形2両。JR東日本が新潟・秋田地区に投入するGV-E400系と基本仕様は同じだが、側面には愛称名の「DECMO」と形式名の「H100」のロゴが付けられている。 全 1 枚 拡大写真
JR北海道が老朽化したキハ40系に代わる気動車として試作を進めていたH100形2両が2月13日、札幌入りした。

同車は両運転台タイプの電気式気動車で、川崎重工業(川崎重工)で製造。ディーゼルエンジンにより動かす発電機から発生した電気でモーターを動かし、駆動力を得る気動車であることから「DECMO」(デクモ)という愛称名が付けられている。

今回、搬入された2両は量産先行車で、2月10日に川崎重工兵庫工場(神戸市兵庫区)を出場。JR貨物のDF200形ディーゼル機関車にけん引されて、2月13日7時頃に札幌貨物ターミナル駅(札幌市白石区)にいったん入り、9時過ぎに苗穂工場(札幌市東区)に搬入された。今後は、来年3月にかけて走行試験が行なわれる予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本上空の宇宙空間に滞在し、国内での位置情報の測位を向上させる日本の準天頂衛星システム初号機『みちびき』のイメージ。
  • 新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。東北・北海道新幹線では新青森~新函館北斗間の車内販売が3月15日限りで終了。残る東京~新青森間では『やまびこ』が終了し、『はやぶさ』『はやて』では弁当や軽食類の販売が終了する。
  • 『チャギントン』のキャラクター。
  • 1号車(飯能寄り先頭車)
  • 209系を改造した『B.B.BASE』。
  • 西武鉄道001系Laview
  • 気仙沼線BRTでは、気仙沼市内に岩月駅が新設され、列車との乗換時分も一部短縮される。
  • かつてはしなの鉄道にも乗り入れていたことがあった189系N102編成。3月28日に運行される記念列車でも乗入れする。

ピックアップ