VWジャパン シェア社長「20年ぶりに戻ってきたディーゼル」…パサートTDI発表

自動車 ニューモデル 新型車
パサートヴァリアントTDIとVWジャパンのシェア社長
パサートヴァリアントTDIとVWジャパンのシェア社長 全 3 枚 拡大写真
フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VWジャパン)は2月14日、クリーンディーゼルエンジンを搭載した中型車『パサートTDI』シリーズを、同日から日本の正規ディーラーで販売すると発表した。

セダンとワゴンの「パサートヴァリアント」があり、価格はセダンが422万円台~489万円台、ワゴンが442万円台~509万円台。VWが日本市場にディーゼル車を復活させるのは、1998年以来20年ぶりとなる。マツダや海外メーカーのディーゼル車販売が好調であり、再参入することで、日本市場での巻き返しを図る。

搭載エンジンは2.0リットルの直噴ターボで、排ガス処理には酸化触媒や尿素SCRシステムを採用、日本の現行のディーゼル規制である「ポスト新長期」に適合させた。

都内で開いた発表会でVWジャパンのティル・シェア社長は同社のディーゼル車について「日本では1977年から98年まで、ゴルフ、ジェッタ、パサートを計5万台以上販売した歴史がある。20年の時を経て、いま再びVWのディーゼルが日本の厳しい排出ガス規制をクリアして戻ってきた」と述べた。

パサートTDIシリーズについては「快適な乗り心地とダイナミックなドライビング、リッター20.6kmという高い経済性を両立させており、長距離での楽しいドライブをお約束する」とアピールした。シェア社長はまた、「パサートTDIを皮切りに日本へのディーゼルモデル投入を始める」と述べ、今後、他の主力モデルなどへも展開も進める方針を示した。

VWの日本での販売は15年9月に米国でディーゼルの排ガス不正が発覚した影響により、同年から大きく落ち込んだ。17年には約4万9000台(前年比3.8%増)と3年ぶりにプラスとなったものの、ブランド別ではメルセデスベンツ、BMWに次いで3番手となっている。輸入車の国内ディーゼル車比率は17年に約2割に達しており、再投入をテコに販売増につなげる構えだ。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWパサートTDIハイライン
  • 熊本~大分県境の杖立温泉にて。県境にまたがって立つホテルもある秘境温泉だ。
  • VW パサートTDIのフロントビュー。熊本・阿蘇カルデラの外輪山にて。どれだけ地味に作れるかにチャレンジしているかのようなルックスは、実は初代から受け継ぐパサートの伝統。
  • ホンダ コンチェルトの兄弟車も…あの頃の輸入ステーションワゴン・その2【懐かしのカーカタログ】
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}