日産 リーフ、再生バッテリーを使った有償交換プログラム開始 新品の半額以下

エコカー EV
日産 リーフの使用済みバッテリーを再製品化した有償交換プログラム
日産 リーフの使用済みバッテリーを再製品化した有償交換プログラム 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は3月26日、『リーフ』の使用済みバッテリーを再製品化し、有償交換プログラムとしてサービスの提供を開始すると発表した。

日産は、新型EVの開発・販売だけでなく、再生可能エネルギーの活用やインフラの充実に向けた取り組みなど、EVを普及させ、持続可能なモビリティ社会を構築するために包括的な取り組みを行っている。

今回、住友商事との合弁会社である、フォーアールエナジーが手がける使用済みバッテリーの再製品化技術により、リーフの再生バッテリーを使った有償交換プログラムをスタート。24kWhの再生バッテリーを新品の半額以下となる30万円で提供する。今後は30kWhや40kWhなど、再生バッテリーのラインアップ拡充を図っていく。

クチコミで評判が広がり、基本メニューにはない「裏メニュー」の相談が舞…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 山梨県と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • 日産リーフ、生産累計50万台を達成
  • 千葉市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • 野田市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ