SUPER GT第7戦はゆるキャラ祭り? チームキャラに加えて地元からも

左からべっぴょん、たんそうさん、めじろん
左からべっぴょん、たんそうさん、めじろん全 14 枚写真をすべて見る

SUPER GT第7戦が、大分県日田市のオートポリスで開催されている(21日決勝)。全国各地で開催されているSUPER GTの中で、オートポリス戦は他のサーキットに比べてゆるキャラの登場が多いようだ。

SUPER GTでのキャラと言えば、ミシュランタイヤの「ミシュランマン(ビバンダム)」、レクサスチームのキャラクター「レクサスくま吉」、18号車UPGARAGE 86 MCの白猫レースクイーン「アップちゃん」、34号車Modulo KENWOOD NSX GT3の「クルタム」などが各チームのキャラクターとして、ピットウォークやキッズウォークで愛嬌を振りまいている。

地方自治体などのゆるキャラも多く存在するが、オートポリスでは所在地にちなんだ、大分県日田市のイメージキャラクターの「たんそうさん」、大分県応援団鳥「めじろん」、日田市の近隣都市である別府市から別府市宣伝部長の「べっぴょん」が登場し、子供達と仲良く写真に収まっていた。「たんそうさん」とは、江戸時代に国内最大規模の私塾「咸宜園(かんぎえん)」を開いた廣瀬淡窓をモチーフにしたゆるキャラとのことだ。

20日のキッズウォークではハロウィンにちなんだ仮装も見られ、アップちゃんもハロウイン仮装をし、25号車HOPPY 86 MCではドライバーの松井孝允・坪井翔選手が仮装してキッズに笑顔を振りまいていた。

別府市宣伝部長べっぴょん別府市宣伝部長べっぴょん

《雪岡直樹》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ