第一交通産業のタクシー、スマホ決済サービス「PayPay」を導入

PayPayのウインドウステッカー
PayPayのウインドウステッカー全 4 枚写真をすべて見る

第一交通産業および、ソフトバンクとヤフーの共同出資会社であるPayPayは、11月29日から福岡市内と北九州市内において、第一交通産業グループのタクシー約1000台にスマホ決済サービス「PayPay」を導入し、さらに全国のタクシー約8200台にも順次導入すると発表した。

これにより同グループのタクシー利用者は、車内に掲示されたPayPayコード(QRコード)を「PayPay」アプリで読み取ることで、乗車運賃を支払えるようになる。

PayPayは、決済手段として電子マネー(PayPay残高またはYahoo!マネー)とクレジットカードの2種類から選択可能。また、支払いの際は、事業者側が提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン(スキャン支払い)」方式と、ユーザーが提示したバーコード、QRコードを事業者側がレジなどで読み取る「ストアスキャン(コード支払い)」方式の2通りを提供する。

PayPayはこうしたスマホ決済サービスを提供することで、日本全国どこでもキャッシュレスで買い物ができる世界を目指す。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CBcloud「PickGO」
  • タクシー(イメージ)
  • ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(8月7日)
  • ソフトバンクがグラブを通じてインドネシアの都市部での次世代輸送ネットワーク構築に20億ドルを投資すると発表。右から4人目はソフトバンクグループの孫正義会長兼CEO
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/29/316677.html/article/2018/11/29/316676.html/article/2018/11/29/316678.html