四分割画面のクラリオン「クワッドビューナビ」、三菱 デリカD:5 新型のディーラーOPに採用

インパネ部装着写真
インパネ部装着写真全 2 枚写真をすべて見る

クラリオンは、操作性や視認性に優れた「クワッドビュー」ナビゲーションが、三菱自動車の新型『デリカD:5』(2018年度内発売予定)のディーラーオプションとして採用されたと発表した。

クラリオンのクワッドビューは、「ナビゲーション」「オーディオ」「ツール」「アプリケーション」の4種類のコンテンツを1画面に同時表示する新機能。各エリアごとにテーマとなる色を持たせることで、レイアウトを把握しやすいように工夫。好みに合わせた画面レイアウト表示や直感操作がユーザーから好評を得ている。

今回の採用も、クワッド ビューナビの優れた操作性、視認性が評価されたもので、デリカD:5のインストルメントパネルに合わせた大画面10.1型HDディスプレイ搭載のオリジナルモデルとなっている。

クワッド ビューナビは、「フルデジタルサウンドスピリット」とともにスバル『レヴォーグ』『WRX S4』『WRX STI』向けのディーラーオプションとして、また、スズキ『ランディ』向けなど、幅広い車種向けナビゲーションとして採用されている。

クラリオンでは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、クワッド ビューナビを装着する新型デリカD:5を展示する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱のSUVラインアップ。左からデリカD:5、RVR、エクリプス クロス、アウトランダーPHEV、eK X(クロス)
  • デリカD:5 / デリカD:5 URBAN GEAR
  • 三菱デリカD:5
  • デリカD:5(サポートカー)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/17/317269.html/article/2018/12/17/317268.html/article/2018/12/17/317270.html