用品通販サイト検索ワードランキング、2018年トップは「ハイエース」 カスタムの活性化反映

検索ワードランキング2018
検索ワードランキング2018全 2 枚写真をすべて見る

アップガレージは、中古カー&バイク用品通販サイト「Croooober(クルーバー)」にて集計した「検索ワードランキング2018」と「メーカー別ランキング2018」を発表した。

「検索ワードランキング2018」では、Crooooberにて検索数が多かった検索ワードを抽出した。クルマ部門で1位となったのは「ハイエース」。200系以降アウトドア仕様やラグジュアリー仕様など、カスタムの幅が広がり、パーツの流通も活性化している。2位は今年7月に新型が発売されて話題となった「ジムニー」。3位の「rim」は英語でホイールを指し、海外ユーザーの検索が多いことがうかがえる。ホイールメーカーWORKは4位に「work meister」、10位に「work rim」としてランクイン。5本スポークが定番デザインのwork meisterがホイール全般の検索ワードであるwork rimを上回る結果になった。

バイク部門1位は、実店舗でも純正/カスタムパーツの売れ行きが良い「モンキー」。そのほかホンダ4stミニ系からは「カブ」が6位、「エイプ」が8位にランクインした。2位は「ハーレー」、4位にもハーレーの人気車種「スポーツスター」がランクインし、根強い支持を得ていることが分かる。バイク用品関連では5位に「クシタニ」、7位に「フルフェイス」、9位に「Arai」がランクインした。

「メーカー別ランキング2018」は、今年1年間、Crooooberで販売された商品の適合をメーカー別に算出した。その結果、クルマ部門では、販売台数トップの「トヨタ」が1位に輝いた。2位「日産」、3位「ホンダ」と、メーカー別販売台数と同様のランキングが続いたが、優れた走行性能がクルマ好きから人気の「スバル」が4位にランクイン。輸入車からは「BMW」が10位にランクインした。

バイク部門では、4stミニ系車種を多く取り揃える「ホンダ」が1位となった。2位「ヤマハ」に続き、「GPZ900R」や「Ninja250」など人気車種を持つ「カワサキ」が3位にランクイン。「スズキ」は4位だった。以下、「ハーレーダビッドソン」、「ドゥカティ」、「BMW」と、輸入車メーカーが続いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 前回のクルーバーエリア「愛車展示プロジェクト」ブースの様子
  • 井口卓人選手
  • 東京オートサロン2017
  • 前回の東京オートサロン・アップガレージ・ブースのCrooooberエリア
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/31/317617.html/article/2018/12/31/317616.html/article/2018/12/31/317618.html