アマゾンの音声アシスト、ヒアのナビゲーションと統合へ…CES 2019

アマゾン(CES 2019) (c) Getty Images
アマゾン(CES 2019) (c) Getty Images全 2 枚写真をすべて見る

ヒア(HERE)は1月7日、米国ラスベガスで開催したCES 2019のプレビューイベントにおいて、アマゾン(Amazon)と提携を結び、アマゾン「アレクサ」とヒアのナビゲーションおよび位置情報サービスを統合すると発表した。

ヒアはオランダに本拠を置くデジタル地図の大手で、同社のナビゲーションサービスは、世界中で1億台を超える車両に組み込まれている。ヒアには、アウディ、BMW、ダイムラー、インテル、ボッシュ、コンチネンタル、パイオニアなどが出資している。

アレクサは、アマゾンのAI(人工知能)ベースの音声アシスタントサービスだ。アレクサに呼びかけるだけで、走行中にドライバーが音声でエンターテインメントをコントロールしたり、ニュースを入手したり、ショッピングリストにアイテムを追加したり、スマートホームサービスを利用したりすることができる。

ヒアはCES 2019のプレビューイベントにおいて、アマゾンと提携を結び、アマゾンアレクサとヒアのナビゲーションおよび位置情報サービスを統合すると発表した。アレクサによる音声優先のインタラクションと主要な車載ナビゲーションを組み合わせることにより、自動車メーカーはユーザーに直感的な音声優先ガイダンスを提供できるようになるという。

また、ヒアの位置情報サービスプラットフォームからアレクササービスに情報を提供し、ユーザーが興味のある地点を検索して位置を特定することも可能に。これにより、ライブ交通情報にアクセスしながら、最適なルート計画を実行できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ、第3世代の「ホンダCONNECT」開発へ…CESアジア2019で発表
  • 【技術】 #CES で「Invisible-to-Visible」技術を発表(YouTube)
  • CESアジア2018のホンダブース(参考画像)
  • CESアジア2019の公式サイト
  • BMW M2 CS スクープ写真 
  • メルセデスベンツ GLA 次期型スクープ写真
  • ルノー メガーヌ PHEV スクープ写真
  • BMW M3 ツーリング 予想CG スクープ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/10/317864.html/article/2019/01/10/317863.html/article/2019/01/10/317865.html