ルマン24時間×鈴鹿8耐、相互にアワードを設定 友好協定締結

ACOピエール・フィロン代表(左)とモビリティランド 山下晋社長
ACOピエール・フィロン代表(左)とモビリティランド 山下晋社長全 3 枚写真をすべて見る

モビリティランドとフランス西部自動車クラブ(ACO)は2月23日、ルマンと鈴鹿サーキットに関する友好協定を締結したと発表した。

鈴鹿市とルマン市は1990年5月27日に友好協力協定を締結し、相互での交流やイベントを実施してきた。今回のレーシングコース同士による友好協定締結は、両サーキットの代表的なレース「鈴鹿8時間耐久ロードレース」と「ルマン24時間ロードレース」(いずれも二輪)を友好レースとして位置づけることで、アジアと欧州をモータースポーツでつなぎ、世界的なモータースポーツ文化の発展に寄与することを目的としている。

友好協定締結による取り組みの第1弾として、ルマン24時間と鈴鹿8耐における相互トロフィの授与を2019年より実施する。ルマン24時間でのアジアトップチームに対し「鈴鹿アワード」を、鈴鹿8耐での欧州トップチームに対し「ルマンアワード」をそれぞれ贈呈。トロフィは各サーキットを象徴するデザインで作成する。また、双方のレースでの現地生放送や交流イベント、場内ジャイアントスクリーンおよび、双方の施設内でのプロモーション企画などを実施。両レーシングコースサイドにも看板を設置する予定だ。

この他にも、ACOとモビリティランド双方が保有する機能等を効果的に活用。両サーキットにおける特別なVIP観戦プランや、鈴鹿8耐またはルマン24時間観戦を含む旅行商品造成を行うほか、双方のサーキットでの相手方の公式グッズを販売する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カワサキ Ninja ZX-25R
  • 鈴鹿サーキット検温ピット
  • 鈴鹿8時間耐久2019
  • ホンダ・シビックタイプRリミテッドエディション
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}