発売未定の診断ツール、ツールプラネット「N-Personal」…IAAE 2019

ODBIIのドングル型BT通信モジュール
ODBIIのドングル型BT通信モジュール全 7 枚写真をすべて見る

ECUの診断、修理に欠かせない診断ツール。国際オートアフターマーケットEXPO 2019(IAAE 2019)においてツールプラネットが、各種診断ツールの展示を行っていた。新製品について尋ねたところ、巨大なUSBドングルのような製品を指さした。

N-Psersonaと名付けられた小型の診断ツールだが、参考出品とのことで製品としての発売は未定だという。OBDIIコネクタに挿すと、Bluetoothで情報をスマートフォンやタブレットに送信し、診断データの確認ができるものだ。データは端末側で確認するので、本体にディスプレイはついていない。

データ確認、つまり診断機能は持っているが、ECUのパラメータ変更や設定変更、整備はできない。用途としては、入庫チェックデータの収集とその効率化だ。整備工場の多くは、修理もできる診断ツールを何台も持っているわけではない。症状確認や診断だけでも簡単にできれば、入庫作業や出張作業に使える。

アプリはドングル経由で車両データのやりとりや、サーバー(クラウド側)への操作を行うだけなので、ユーザー(整備工場側)で新しい車両の診断データやフォーマットへの対応を気にしたり、ソフトウェアアップデートを気にしたりする必要がなくなる。機能追加も簡単になるメリットがある。

これからの時代のツールとして、非常に合理的だ。海外製品では、類似の診断ツールは存在するが、ドキュメントが英語だったり、サポートが期待できないなどの問題がある。ツールプラネットが国内向けに製品をだしてくれるなら、うれしい整備工場はあるだろう。ぜひ、国内販売を期待したいところだ。

《中尾真二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 愛車のブレーキパーツ確保に困っていませんか?  旧車オーナーの救世主「ディクセル」
  • ソフト99オートサービス(IAAE 2019)
  • ジゴワッツが開発した「バーチャルキー」。スマートフォン上でスマートキーとして使えるようになる
  • PIAA(IAAE 2019)
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/14/320115.html/article/2019/03/14/320114.html/article/2019/03/14/320116.html