トンネルで横転したトラックを起せるエアジャッキ…IAAE 2019

IAAE 2019:あかつき
IAAE 2019:あかつき全 7 枚写真をすべて見る

足場がわるかったり、事故などで普通のジャッキが使えないとき役立つのがエアジャッキだ。IAAE 2019で、各種レスキュー用品をあつかう「あかつき」のブースは、スロベニアのSavatech社の高圧エアバッグを展示していた。

このエアバッグ(リフティングバッグ)は、たたむと55cm四方、厚さ2.5cm方形のゴム板のようになる。コンプレッサーで空気を入れると最大で17cmまで膨らむ。バッグの耐荷重は20トンまでOKだという。

膨らんだ状態で重ねることもできるので、リフト高は適宜調整できる。サイズも複数あるので、フラットタイプならば最大34cmまで持ち上げることができる。ドラム缶のように膨らむタイプは最大で2mほど持ち上げることができる。このタイプで持ち上げることができる荷重は約9トン。

市販の車載レスキューツールで、車の排ガスを利用するエアバッグもあったが、これらは車載用ではなく、レッカー業者やレスキュー隊向けの製品だ。正方形のリフティングバッグは、一般的なコンプレッサーで問題ない。大型のもの向けに専用のコンプレッサーも用意されている。

実際の事故でクレーンとキャッチバッグで大型トレーラーを起す実際の事故でクレーンとキャッチバッグで大型トレーラーを起す

エアバッグによるリフティングが威力を発揮するのは、クレーン作業ができない、しにくい場所だ。日本の場合、都市部は建物や電線が多く、大型クレーンどころか車載のユニックさえ作業できない場所がある。またトンネル内は一般にクレーン作業はできない。トンネル内でバスやトラックが横転した場合、前述の2m級のリフティングバッグなら起すことができる。このとき、反対側にはキャッチバッグと呼ばれるクッションを設置しておく。キャッチバッグは圧力を徐々に逃がすような弁がついたエアバッグだ。

これらを使えば、トンネル内で横転した大型車両を、最小限のダメージで起すことができる。クレーンではボディーやルーフなど持ち上げる場所によっては変形などのダメージが不可避だ。

IAAE 2019:あかつきIAAE 2019:あかつき

リフティングバッグには小型のものあり、商用バン、アルファードやエルグランドなどの引き起こしにも使える。

同社のブースには、けん引ロープ、作業灯、作業用メッシュベスト、防水スーツ、車両移動用の各種ドーリー、ウインチ、固定ベルトなどレスキュー用品が揃っていた。同社はもとは板金業の会社だったが、警察から事故車などのレッカー移動を頼まれるようになり、現在はレスキューサービスの他、レスキュー用品の販売も手掛けている。

スロベニアのリフティングバッグ。ひとつが20トンまで耐えられるスロベニアのリフティングバッグ。ひとつが20トンまで耐えられる

《中尾真二》

【画像】トンネルで横転したトラックを起せるエアジャッキ…IAAE 2019(7枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  4. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  5. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  6. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  7. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  8. 歴代のダットサンが集結…昭和平成なつかしオールドカー展示会inアリオ上田
  9. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
  10. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
ランキングをもっと見る