遮熱も保護も1枚、ソフト99のフロントガラス保護フィルム…IAAE 2019

ソフト99オートサービス(IAAE 2019)
ソフト99オートサービス(IAAE 2019)全 7 枚写真をすべて見る

IAAE 2019に出展している「ソフト99オートサービス」のブースでは、プロテクションフィルムやインテリアコートといったカーケア用品を多数展示していた。中でも最前列で目をひいていたのが、5月に発売予定という遮熱機能付きフロントガラス保護フィルム『CLIMAX FRONT GLASS SHIELD』だった。

従来の遮熱フィルムは車の内側に貼り、保護フィルムを表に貼るという表裏両方の施工が必要だった。しかし、このフィルムは1枚で遮熱&保護の機能を兼ね備えているため、1枚貼るだけで済むという。高い紫外線、赤外線カット率を誇ると共に、専用ハードコートによって飛び石などからフロントガラスをしっかり保護してくれる。

さらに「今年からHEXISブランドの商品取り扱いをはじめた」ということでタイヤのゴムに貼るフィルムの展示を行っているほか、テールランプ用のプロテクションフィルムなども見せてくれた。ソフト99オートサービスではこれらの新商品も含め、施工の講習会を定期的に行っている。プロの技術を学びたいという方はぜひソフト99オートサービスのHPをご確認いただきたい。

ほかにも、車内のレザーカバーなどを保護するインテリアコートや、業者向けの補修道具・材料が一式セットになった「エコペイントオールフリーシステム」などが展示されていた。「塗料が全て水性塗料で有機溶剤を使っていないため、塗装ブースの設置など、いろいろなコストが抑えられる」と担当者は語っていた。

《二城利月》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • MaaSアワード2020、大賞のダイハツ工業
  • 国際オートアフターマーケットEXPO
  • KeePer技研(IAAE 2019)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ