ボッシュ、クラウドベースの逆走警告システムを欧州13か国に導入

ボッシュのクラウドベースの逆走警告システム
ボッシュのクラウドベースの逆走警告システム全 3 枚写真をすべて見る

ボッシュ(Bosch)は3月21日、高速道路などでの逆走をドライバーや他の交通利用者に警告するクラウドベースの逆走警告システムを、欧州13か国で導入した、と発表した。

逆走は、重大事故を含む危険な状況につながるため、ドイツでは逆走車に関する交通情報が年間約2000件流されている。逆走車を発見すると、交通情報チャンネルを通じて、警告が流される。逆走車の通報を受けて、警告が放送されるのに平均3分半から4分程度かかる。

危険にさらされた他の道路利用者にとっては、この数分間が問題だ。警告を受け取ったものの、遅すぎたという事態になりかねない。実際ドイツでは、逆走車の3分の1が平均しておよそ500 m走行したところで事故を起こし、最悪のケースでは人命が失われている。

ボッシュの新しいクラウドベースの逆走車警告は、ほんの数秒で逆走をしているドライバーと、危険にさらされる他の道路利用者に警告を発する。スピーディなだけでなく、精度も高い。ボッシュの逆走車検知アルゴリズムは、高速道路の入口と出口で接近する車両を監視し、実際の走行方向と、本来の進行方向とを比較する。そこに相違がある場合には、ドライバーに逆走を警告すると同時に、対向車のドライバーにも警告を行う。

この機能の基本となるのは、高速道路の入口における個々の車両の位置を定期的に、匿名化してクラウドに報告するシステムだ。ネットワーク化された車両の数が増えれば、目に見えないセーフティネットがきめ細かになり、より多くの道路利用者に逆走車警報が届くようになる。

この逆走車警告システムは、スマートフォンのアプリ機能として提供される。このアプリはソフトウェア開発キットの一部として、他社の既存のアプリと一緒にインストールできる。自動車メーカーのインフォテインメントソリューションに統合することも可能、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボッシュのEVなどの電動車のバッテリー寿命を延ばすためのクラウドサービスのイメージ
  • 2018年の業績発表と今後の事業方針について説明された
  • ボッシュ・グループ 年次記者会見 2019
  • CDR+ADASビジネス エコシステム
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/22/320421.html/article/2019/03/22/320420.html/article/2019/03/22/320422.html