ジープ グラディエーター が軍用モデルに変身…700馬力スーパーチャージャー搭載

ジープM-715ファイブクォーター
ジープM-715ファイブクォーター全 3 枚写真をすべて見る

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のジープブランドは、米国で4月13日に開幕する「イースター・ジープ・サファリ」において、コンセプトカーのジープ『M-715ファイブクォーター』(Jeep M-715 Five-Quarter)を初公開する。

イースター・ジープ・サファリは、今年で53回目となるジープファンに向けた恒例のイベントだ。米国ユタ州グランド郡のモアブ国立公園で開催され、ジープの優れた悪路走破性が体験できるイベントとして人気を集める。

ジープ・ファイブクォーターは、ジープブランドにとって27年ぶりの市販ピックアップトラック、『グラディエーター』の登場に合わせて、そのルーツともいえる1968年製のグラディエーターをベースに、2ドアの高性能ピックアップトラックを提案した1台。Moparブランドの「ジープパフォーマンスパーツ」でカスタマイズを施した。Moparは、FCAの純正用品のブランド名。

ジープ・ファイブクォーターのハイライトは、エンジンにある。6.2リットルV型8気筒ガソリン「HEMI」+スーパーチャージャーに換装された。「ヘルクリエイト」と呼ばれるこのエンジンは、最大出力700hp以上を引き出す。

カスタマイズのコンセプトは、「軍用車」だ。これは、1968年の軍用モデルの『M-175』を、現代流に再解釈することを目指した。フロントマスクは、フルカーボンファイバー製パーツに変更され、迫力の表情を演出する。荷台を取り囲む「あおり」も、アルミ製に変更された。

また、フロントアクスルは2インチ前方に移動させ、40インチタイヤを組み合わせた。フロントアクスルは「Dynatrac Pro-Rock 60」、リアアクスルは「Dynatrac Pro-rock 80」に交換し、オフロード性能を追求している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープBIKINI Editionの2台
  • FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・へグストロム氏
  • ジープ。ラングラー(向かって右)/レネゲード・ビキニエディション
  • ジープ・グラディエーター
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/12/321318.html/article/2019/04/12/321317.html/article/2019/04/12/321319.html