ロールスロイス ファントムが「黒いバイソン」に変身…WALDのド迫力カスタム

自動車 ニューモデル 新型車
ヴァルド・インターナショナル ロールスロイス ファントム カスタムカー
ヴァルド・インターナショナル ロールスロイス ファントム カスタムカー 全 12 枚 拡大写真
トヨタからポルシェまで幅広く手がける、日本を代表する過激チューナー、「WALD.INTERNATIONAL」(ヴァルド・インターナショナル)。その最新カスタムが初公開された。発表されたのは、ロールスロイスの『ファントム Black Bison』(黒い野牛)だ。

フロントエンドには、スモークヘッドライト、ブラックアウトされたロゴやシンボルマスコット、クロームトリムを伴うリップスポイラー、大口コーナーエアインテークを装備。サイドスカートやリアバンパーにもあしらわれるクロームにより、スポーティに仕上げられている。

さらにリアエンドには、アグレッシブなディフューザー、大型デュアルエキゾーストフィニッシャー、メッシュ加工されたバンパーなどが装着されており、マットブラックに仕上げられたエクステリアは、恐怖さえ感じるほどの威圧感を発している。

足回りでは、エアサスペンションこそ手が加えられていないが、巨大な24インチ「Wald l113-F」鍛造マルチピースホイールに、295/30 R24のTOYO Proxes STIIIタイヤを履いている。

その名は「黒い野牛」!怖すぎるロールスロイス ファントムが初公開...手がけたのは日本チューナー

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ