【MotoGP 日本GP】1コーナー高台にスカイデッキとペアシート新設、6月1日よりチケット発売

1コーナーテラス スカイデッキ(イメージ)
1コーナーテラス スカイデッキ(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

ツインリンクもてぎは、ソファやデッキチェアでくつろぎながらレース観戦を楽しめる「1コーナーテラス スカイデッキ」と「1コーナーペアシート」を10月18日から20日に開催するMotoGP日本グランプリに合わせて新設し、6月1日よりチケット販売を開始する。

1コーナーテラス スカイデッキは、グランドスタンド最上段と同じ高さに新設され、1コーナーから2コーナーにかけてのバトルを余すことなく一望できる。さらに正面には大型ビジョンも設置され、スタートからゴールまで決定的なシーンを見逃すことはない。また、最大6名が利用できる専用のプライベート区画にはタープとソファが設置され、ゆったりとした環境の中で仲間や家族と食事などを楽しみながらレース観戦を満喫できる。

1区画は間口3.5×奥行4.0mで、料金は観戦エリア近くの専用駐車場も含んで9万3000円(別途観戦券要)。限定15区画。

1コーナーペアシートは、コースを一望できる高台に2台ペアで用意されるデッキチェアに座ってゆったりとレース観戦を楽しめる新エリア。前方には大型ビジョンも設置されるためレース展開をしっかり把握できる。これまでの観戦席とは異なり、アウトドア気分でゆったり座りながら、目の前が開けた開放感の中で、レースを楽しむことができる。

1区画は間口2.5×奥行1.5mで、料金は2万4000円(別途観戦券要)。限定28区画。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP

ピックアップ