異例の警戒レベル…ランドローバー ディフェンダー 新型のコックピットに迫る

ランドローバー ディフェンダー 新型スクープ写真
ランドローバー ディフェンダー 新型スクープ写真全 24 枚写真をすべて見る

ランドローバーの基礎を作ったと言われる本格オフローダー『ディフェンダー』新型プロトタイプをカメラが捉えた。同時に、初めてそのコックピットの撮影に成功した。

ディフェンダーは、初代が1948年に製造開始されてから2016年1月まで、68年間もの間世界で愛され続けた伝統的モデルだ。そして生産終了から3年半が経過、いよいよディフェンダー第二章が始まる。

「#BEST 4X4 FAR」(最高の4WDが未来へ)と書かれたプロトタイプのエクステリアは相変わらずカモフラージュが厳重で、そのデザインは一切明かされていない。これは発表3か月前のプロトタイプとしては異例の警戒レベルと言えるだろう。しかし、撮影されたフロアパネル裏からは、リアにエアサスペンションが採用されていることが発覚した。


初めて捉えたコックピットは、ダッシュボードが覆われているものの、ステアリングホイールの向こうにはデジタルクラスタ、横にはインフォテイメントディスプレイを装備していることがわかる。画面下にはジョイスティック型ギアシフト、その右にはHVACコントロールが見てとれる。最新のJLR(ジャガー・ランドローバー・オートモーティブ)モデルには、「Touch Pro Duoインフォテイメントシステム」が搭載されているが、ディフェンダー新型では提供されない可能性もある。

採用が予想される「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)プラットフォームは、内燃機関、プラグインハイブリッド、EVなど、あらゆるパワートレインに対応している。そのことからも、パワートレインは、2.0リットル直列4気筒インジニウムのほか、直列6気筒エンジン、48Vマイルドハイブリッド、プラグインハイブリッドのラインアップが予想される。

ディフェンダー新型は、9月にオンラインデビューが予想され、順調にいけば10月のフランクフルトモーターショーがワールドプレミアの場となるはずだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/30/323943.html/article/2019/06/30/323942.html/article/2019/06/30/323944.html