IP無線サービス、運転中のスマホ通話はOK…ハンズフリーとPTT グレーゾーン解消

車載ハンズフリーキット「400-BTCAR001」(参考画像)
車載ハンズフリーキット「400-BTCAR001」(参考画像)全 1 枚写真をすべて見る

経済産業省は、自動車運転中、スマートフォンに専用マイクを接続し、IP無線を利用して通話する場合、道路交通法違反に当たらないと、「グレーゾーン解消制度」を通じて警察庁が回答したと発表した(7月31日)。

自動車運転中の携帯電話の使用は道路交通法で禁止されているが、スマートフォンに専用のマイクを接続することで、IP無線を利用して通話するサービスの提供が計画されている。

携帯電話を受信する際には、接続されたマイクから音声が流れ、接続されたマイクを手で保持する必要はない。一方で、送信する際にはマイクを手で保持せずに送信することやり方(ハンズフリー機能)と、マイクを手で保持してボタンを押下しながら送信(PTT機能)する2つの方法がある。

今回、ハンズフリー機能とPTT機能について、道路交通法第71条第5号の5に規定する「携帯電話用装置...を通話...のために使用」に該当しないことを確認したいとの問い合わせが「グレーゾーン解消制度」にあった。

これについて、規制所管する警察庁と国家公安委員会は、自動車または原動機付自転車の運転中、ハンズフリー機能、PTT機能を用いて通話する行為は、道路交通法の違反行為に当たらないと、事業所管の経産省に回答した。

グレーゾーン解消制度は、事業者が新しい事業活動を行うに先立って、あらかじめ規制適用の有無について、政府に照会し、事業所管大臣から規制所管大臣への確認を経て、規制の適用の有無を回答する制度。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • Luupの電動キックボード(参考画像)
  • 中型自動運転バス実証事業
  • 台風19号の被災状況(栃木県佐野市)
  • スカイリンクテクノロジーズが開発する「空飛ぶクルマ」(イメージ)
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/04/325201.html/article/2019/08/04/325200.html/article/2019/08/04/325202.html