全日本ロードレース最終戦 MFJグランプリ、前売りチケット販売開始 ルマン式キャンプも開催

2018MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 JSB1000クラススタートシーン
2018MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 JSB1000クラススタートシーン全 3 枚写真をすべて見る

モビリティランドは、「2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第51回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿」を11月2日・3日の2日間、鈴鹿サーキットにて開催。9月8日より前売りチケットの販売を開始した。

全日本ロードレース選手権は、国内のサーキットを舞台に、JSB1000、J-GP2、ST600、J-GP3の計4クラスを開催。鈴鹿サーキットで開催されるMFJグランプリは、2019年の最終戦となる。国内最高峰クラスのJSB1000では、14周と20周の異なる展開が楽しめる2レース制で争われる。

MFJグランプリのJSB1000クラスは、シリーズ全7戦中最短距離である81.494km(14周)と、最長距離116.42km(20周)の2レース制で開催され、スタートからゴールまで常に全開走行で少しのミスも許されないスプリントの14周と、速さと戦術の両方が必要となる20周のレースで行われる。11年連続でチャンピオン決定の舞台となっている鈴鹿では、日曜日に2レース決勝を楽しめる唯一のラウンド。2レースとも勝利すると最終戦のボーナスポイントも加え最大56ポイントが獲得できることから、ランキングトップを独走している高橋巧(チームHRC)の逃げ切りか、中須賀克行(YAMAHA)の逆転による勝利か、最終戦まで見逃せない展開が予想される。

また、11月2日には、ホンダ『CBR250RR』、スズキ『KATANA』、カワサキ『Ninja 1000』、3日にはヤマハ『YZF-R』、各オーナーが参加できるミーティング&パレードを開催。さらに国際レーシングコースで自身のバイクやテントを並べて過ごすルマン式キャンプの開催も決定。熱いレースの余韻が残るホームストレートで寝泊まりする特別なひと時に加え、早朝クルージングや天然温泉クア・ガーデンの入浴券などの特典が付いたイベントとなる。

前売チケット(2日間有効)は、ゆうえんちモートピアパスポート1日分が付いて、大人(中学生以上)3600円、小学生3100円、3歳~未就学児2000円。10月1日以降は消費税増税に伴い各100円アップとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ e-tron スクーター(フランクフルトモーターショー2019)
  • カワサキ Ninja H2 SX SE+
  • 二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO」
  • 石川県から来たという池下さんご家族は新型R1250を試す
  • BMW R nineT /5
  • イメージ
  • 普段使いしやすい容量、スピード着脱、二人乗りを実現した「ターポリンシングルサイドバッグ」
  • 「二輪デザイン公開講座」に31名の学生が参加。バイク・デザインの基礎を学んだ。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/09/326284.html/article/2019/09/09/326283.html/article/2019/09/09/326285.html