休止が迫る上野動物園モノレール 10月31日にはラストランイベント

2001年に登場したこの40形の引退を機に、1957年12月の開業以来、およそ62年におよぶ歴史にいったん幕を閉じる時が迫った上野動物園モノレール。東京都交通局では「今後の車両更新またはそれに替わる方策については、都民等のご意見を伺いながら、検討していきます」としている。
2001年に登場したこの40形の引退を機に、1957年12月の開業以来、およそ62年におよぶ歴史にいったん幕を閉じる時が迫った上野動物園モノレール。東京都交通局では「今後の車両更新またはそれに替わる方策については、都民等のご意見を伺いながら、検討していきます」としている。全 4 枚写真をすべて見る

東京都交通局は9月25日、上野懸垂線(上野動物園モノレール)で運行されている40形の引退に伴なうイベントを10月に開催すると発表した。

上野動物園モノレールは、東京都台東区の上野動物園東園駅と上野動物園西園駅を結ぶ0.3kmの懸垂式モノレールで、1957年12月に開業した。

40形は2001年5月から4代目の車両として運用されていたが、老朽化と車両の特殊性を理由に引退することになり、それを機に上野動物園モノレール自体も11月1日の休止が決定。電気自動車などに代替されることになっている。

休止前最後の運行日となる10月31日には、16時30分から16時50分まで40形のラストランイベントが開催され、モノレール西園発の最終列車が出た後に運行される臨時列車の乗車や撮影会が行なわれる。

このイベントは50人を募集。参加は10月16日までハガキまたは東京都交通局のウェブサイトで受け付ける(ハガキの場合は消印有効)。1組2人まで申し込むことができ、応募多数の場合は抽選となる。

このほか10月12~31日にはモノレール東園駅で「40形車両ありがとうキャンペーン」が、10月26日にはモノレール西園駅で「40形車両ありがとうイベント」が開催される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全列車がN700Aタイプに統一される東海道新幹線。東京~新大阪間では『のぞみ』の平均所要時間が2時間29分となり、その時間短縮効果が山陽新幹線内へも波及する。
  • 長崎地区へ投入されるYC1系ハイブリッド車。蓄電池を併用する電気式の気動車。
  • 2020年3月のダイヤ改正で長万部~小樽間の普通列車へ投入されるJR北海道初の電気式気動車H100形。写真は函館本線然別駅に停車中の量産車による試運転列車。
  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/26/326931.html/article/2019/09/26/326930.html/article/2019/09/26/326932.html