コンチネンタル、センサー内蔵のタイヤ管理システム「コンチケア」を紹介予定…東京モーターショー2019

コンチ・ケア
コンチ・ケア全 2 枚写真をすべて見る

コンチネンタルタイヤは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、「Mobility is the heartbeat of life」のテーマのもと自動運転、電動化、コネクティビティを柱に未来のモビリティに向けた技術ソリューションを紹介する。

コンチネンタルブースでは、Connected:接続、Autonomous:自律、Reliable:信頼、Electrified:電動化に向けた技術ソリューション「Conti C.A.R.E.(コンチ・ケア)」を紹介する。コンチ・ケアタイヤは、タイヤ構造内に組み込まれたセンサーが特徴で、そのセンサーが、トレッドの溝深さや損傷の可能性、タイヤ温度と空気圧に関するデータを生成し、継続的に評価。「コンチ・センス」と名付けられた監視システムが、タイヤの状況に関する情報を「コンチ・コネクト・ライブ」に送信し、車両管理者がモビリティの管理を効率的に行えるようにする。

ブースではこのほか、コンチネンタルの市販タイヤを展示する。より環境に配慮したソリューションを求めるエンドユーザーのために開発された高性能エコタイヤ。3つの相反する性能であるウェットブレーキ性能、転がり抵抗および耐摩耗性能を高いレベルで向上し、現在日本での取扱いサイズ35サイズ中、15サイズが欧州タイヤラベリング制度のウェットブレーキ性能、転がり抵抗で最高グレードの「A/A」を獲得している。また、タイヤ技術をシューズのソールに応用したアディダスとのコラボレーションについても紹介する。

「バイキング コンタクト7」は、コンチネンタルの高性能スタッドレスタイヤ。優れたウィンター性能とドライ路面でのハンドリング性能に加えて、シリーズでは初となる「左右対称パターン」を採用することでウェットおよびシャーベット路面での排水性を大幅に高め、安全で快適なドライビングを実現する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルと3Mが共同開発するインフラ対車両(V2I)通信技術のイメージ
  • コンチネンタルのパワートレイン新会社が受注したプジョー 208 EVの電動アクスルドライブ
  • コンチネンタルのパワートレイン部門が独立した新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」
  • フランクフルトモーターショー2019
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/09/327421.html/article/2019/10/09/327420.html/article/2019/10/09/327422.html