レクサス LF-30 Electrified、EVに期待されるイメージを具現化…東京モーターショー2019[詳細画像]

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)
レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)全 40 枚写真をすべて見る

レクサス『LF-30 Electrified』は、レクサスの電動化ビジョン「Lexus Electrified」を象徴するコンセプトカーとして登場した。

デザインは、「EVに期待される先進イメージを、アーティスティックな質感まで昇華した未来的な造形や、自動運転を初めとする新技術を積極的に織り込んだインテリアにより、LEXUS独自の世界観確立を目指した」としている。

インホイールモーターを動力とするEVならではの新しいデザイン表現に挑み、LF-30 Electrified独自のエネルギーフローを視覚的に表現。ボディ4隅のタイヤから発生したエネルギーが、キャビンに向かい、ドライバーへ流れていくようなイメージを持たせた意匠とした。

コックピットは、「人間中心」の思想をより高次元で具現化するため、新コンセプト「Tazuna」に基づき設計。「手綱一本で意思疎通を図る人と馬の関係性にヒントを得て、ステアリングスイッチとヘッドアップディスプレイを高度に連携させ、視線移動や煩雑なスイッチ操作をすることなく、運転に集中しながらナビゲーションやオーディオ、ドライブモードセレクトなど、各種機能の制御が可能な空間を実現」したとしている。

ショーファーモード・ガーディアンモードを備えた最先端の運転支援機能を採用。きめ細かい車両挙動だけでなく、自動駐車機能、自動運転による迎車機能なども実現する。

110kWhのバッテリー容量を有し、WLTP航続距離は500kmをめざす。0-100km加速は3.8秒と、スーパーカー並みのパフォーマンスを標榜する。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV