進む駅の省力化…関西本線にも窓口業務を遠隔で対応するシステム 2020年12月頃稼働

「集中旅客サービスシステム」の概要。基本的には遠隔で対応となるが、券売機にきっぷの詰まりなどのトラブルが発生するなど、現地での対応が必要な場合が係員が出向く。
「集中旅客サービスシステム」の概要。基本的には遠隔で対応となるが、券売機にきっぷの詰まりなどのトラブルが発生するなど、現地での対応が必要な場合が係員が出向く。全 1 枚写真をすべて見る

JR東海は11月13日、武豊線(大府~武豊)や東海道本線岡崎~豊橋間に導入している「集中旅客サービスシステム」を拡大すると発表した。

集中旅客サービスシステムとは、遠隔で駅業務を行なうシステムで、2013年10月、武豊線を皮切りに導入。2020年12月頃には、東海道本線の逢妻(あいづま)・野田新町・東刈谷・三河安城・西岡崎の各駅、関西本線の八田(はった)・春田・蟹江・永和(えいわ)・弥富の各駅にも導入される。

導入されると券売機の隣に設置されたインターホンや券面確認台を通して、早朝深夜の駅員不在時にも、案内センターのオペレーターと会話することで切符の購入や乗越し精算が可能となるほか、案内センターではセキュリティーカメラやスピーカーを通して駅の状況把握や質問への対応、声掛け、案内放送などを行なえるようになる。

新たに導入される駅のうち、指定券の需要が高い東刈谷・八田・春田・蟹江の各駅には「サポートつき指定席券売機」が設置され、遠隔で指定券や証明書が必要な切符の購入が可能となる。

なお、導入後も、東刈谷・蟹江・弥富の各駅では引続き日中に有人窓口を営業。東刈谷・蟹江の各駅には現地へ出向く係員を配置する。また、東海道新幹線の駅でもある三河安城駅(愛知県安城市)については、新幹線側の有人窓口を引続き営業する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。
  • かつて上野~札幌間で運行されていた寝台特急『北斗星』の食堂車。NREが運営していた。2010年9月撮影。
  • 東海道新幹線の700系。
  • 11月28日に再開した津軽石~宮古間のうち、津軽石~八木沢・宮古短大間にある駒込踏切付近の復旧状況(11月27日時点)。
  • JR東日本の協力によりJRカラーが復活した700形第4編成。細部の違いはあるものの、ロゴマークの「JDK」を除けば、JR時代とそっくりな車体となった。
  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/13/328719.html/article/2019/11/13/328718.html/article/2019/11/13/328720.html