BMW、バッテリー研究開発センターを公開…将来の電動車に搭載へ

BMWグループのバッテリー・セル・コンピテンス・センター
BMWグループのバッテリー・セル・コンピテンス・センター全 5 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)は11月14日、ドイツに完成した電動車向けの「バッテリー・セル・コンピテンス・センター」を公開した。

BMWグループは、このセンターに、バッテリー・セルに関するあらゆる技術的専門知識を集中させ、電動モビリティ戦略を推進する。コンピテンス・センターでは、バッテリー・セル技術を進化させ、生産プロセスに導入することを目指す。投資額は総額2億ユーロで、200名の雇用を創出する。

バッテリー・セルはバッテリーの心臓部だ。セルによってバッテリーの性能、エネルギー容量、充電能力、耐用年数が決まり、それによって電動車の性能に大きく貢献する。

建物内では、バッテリー・セル・コンピテンス・センターを構成する研究・試作施設、専門部署が、セルのデザインやセルに使用する技術を分析する。さらに、セルの化学組成、異なる材料の使用、危機的状態や極寒時のセルの反応、充電および急速充電時の反応、セルのサイズや形態の評価に焦点を当てて、将来のバッテリー・セルのプロトタイプを製作する。

BMWグループはすでに、長期間におよぶバッテリー・セルの研究を完了している。とくに、BMW「i」モデル開発を通じて、高い評価能力を獲得してきた。同社は新製品をより迅速に市場に投入するため、新しいバッテリー・セル・コンピテンス・センターにさまざまな専門部署や地域のノウハウを集め、この分野に集中的に取り組んでいる。研究の成果は、最新のバッテリー生産に直接組み込まれる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 318i
  • BMWグループの電動車両
  • BMW iNEXT の次世代キドニーグリル
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ