ホンダが中古車サブスクリプション開始、月単位で利用可能…国内メーカー初

ホンダ マンスリー オーナー
ホンダ マンスリー オーナー全 3 枚写真をすべて見る

ホンダは、最短1か月から利用できる月極定額モビリティサービス「ホンダマンスリーオーナー」を1月28日より「U-Select城北(埼玉県和光市)」で開始。順次、サービス展開を拡大していく。

ホンダマンスリーオーナーは、最短1か月から最長11か月まで、ユーザーの好みに合わせた期間で利用できる、中古車を利用した月極定額モビリティサービス。1か月単位で利用できるモビリティサービスは国内自動車メーカー初となる。スマートフォンやパソコンから気軽に予約ができ、郵送で必要書類の手続きが完了すれば、初回の販売店来店から利用できる。

サービス開始時のラインアップは、『N-BOX』、『フィット・ハイブリッド』、『フリード・ハイブリッド』、『ヴェゼル・ハイブリッド』、『N-BOX車いす仕様車』の5車種。4月からは『S660』も追加予定だ。安全運転支援システム「ホンダ センシング」をはじめとした先進装備を多数搭載した車両や、車いす利用者の移動をサポートする「車いす仕様車」など、充実の中古車ラインアップから選ぶことができる。

月額利用料金は、税金やメンテナンス費用、自動車保険料などがすべて込みで2万9800円から。燃料代と駐車場代(駐車場所有者は不要)のみの追加負担で利用可能。支払いはクレジットカードを使用するため、従来のローンやリース契約時で時間のかかる契約書記入や審査も不要だ。

また、車両とセットで貸し出し可能なオプションとしてハンディータイプ蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」(月額500円)、チャイルドシート(同1800円)、ジュニアシート(同1200円)も設定する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダSUV e:コンセプト
  • 「The Power of Teen」のプロモーションイメージとロゴマーク
  • ホンダ CR-V の中国仕様(参考)
  • ホンダフリートマネジメント
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ