箱根登山ケーブルカーが25年ぶりに車両リニューアル! 外国人観光客向けの機能強化なども

箱根登山ケーブルカーが車両リニューアル
箱根登山ケーブルカーが車両リニューアル全 16 枚写真をすべて見る

2019年12月3日より施設及び車両更新工事のため運休していた強羅駅~早雲山駅間の箱根登山ケーブルカーが、3月20日より、車両リニューアルを経て運転再開する。

箱根登山ケーブルカーのデザインリニューアルは実に25年ぶりで、これが5代目の車両。赤が目印の1号車(ケ11-21)、青が目印の2号車(ケ12-22)の2台体制での運行となる。

新型車両ではいくつか内装面で改良が加えられており、一番大きなものが従来のボックスシートから、ロングシートタイプへと変更されている。これは昨今の外国人旅行客が大型のキャリーバッグを主に利用していることから、通路を通るのが難しくドア付近で滞留してしまうため、これらを改善するために通路の幅を広げることで利便性を向上するのが一番の目的だ。

あわせて新しく車内表示機が設置され、日本語だけでなく英語、中国語、韓国語の4か国語の駅案内が行われようになり、より旅行客が利用しやすくなる作りとなっている。

乗車人数は2両編成で251名(座席数58人)と輸送力も強化されているようだ。

また従来の車両では車掌が一人しか同乗しないため、後部車両の様子を確認するのが難しかった問題もあったそうだが、今回新たに防犯カメラを設置。随時切り替えを行うことで、管制室で車内のモニタリングが可能となっている。

なお、早雲山駅はまだリニューアル工事中のため、ケーブルカー再開後は仮設通路を使用する形となる。こちらの駅リニューアルも6月をめどに完了するそうだ。

《二城利月》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV