三菱自動車、北米本社をテレワークに切り替え…新型コロナウイルス

カリフォルニア(3月18日)
カリフォルニア(3月18日)全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は3月19日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を受けて、同社の取り組みを発表した。

三菱自動車の北米本社は3月16日から、すべての事務系従業員をテレワークに切り替えた。従業員は、彼らの安全や家族の健康のために、北米本社には出社せず、自宅などで働いている。米国内の多くの地域で、学校が閉鎖されていることもあり、従業員は自宅での変化するニーズにも簡単に対応できるようになった。

三菱自動車の従業員は在宅勤務中でも、米国各地の多くのディーラーパートナーを継続的にサポートすることに取り組む。その内容はディーラーの清掃や消毒などについてのアドバイスなどだ。三菱自動車のディーラーはすべて独立した企業であり、多くのディーラーは引き続き、販売、サービス、アドバイス、サポートを顧客に提供している。また、多くのディーラーは、人と人との接触を最小限に抑える手法を導入している。

また、金融パートナーのAlly社のローンを組んで三菱車を購入した顧客には、最大120日間の支払い猶予が受けられる。今後、三菱の新車を購入する顧客には、Ally社は購入時に最大90日間の支払い猶予を可能にする。 これにより、新型コロナウイルスの影響で収入が減少した顧客を支援していく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 eKクロススペース
  • 三菱自動車水島製作所
  • 三菱 ミラージュ 改良新型(米国仕様)
  • 日産が東京モーターショー2019に出展した軽EVコンセプトのIMk
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ