箱根登山鉄道の全線再開、7月下旬に前倒し---施工時間延長や暖冬などが功を奏する

「出山の鉄橋」として知られる早川橋梁を渡る箱根登山鉄道の『アレグラ号』。
「出山の鉄橋」として知られる早川橋梁を渡る箱根登山鉄道の『アレグラ号』。全 3 枚写真をすべて見る

神奈川県の小田原駅(小田原市)と強羅(ごうら)駅(箱根町)を結ぶ箱根登山鉄道は3月26日、運行を見合わせている箱根湯本~強羅間の再開を7月下旬に前倒しすると発表した。

台風19号による被災で、2019年10月13日から運行を見合わせている同区間では、大平台隧道から大沢橋梁付近にかけてと、蛇骨(じゃこつ)陸橋から小涌谷(こわくだに)踏切付近にかけてが甚大な被害を受けた。その後、これらの復旧への前段階工事と関係機関との協議を進めた結果、2019年11月22日には2020年秋頃の再開が発表されていた。

しかし、復旧工事では施工時間を可能な限り延長できたことや、冬季の降雪や凍結が少なかったことなどもあり、再開を前倒しできることになったという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ