神戸の新交通システムで台車トラブル…左右の案内輪を支える「案内輪受簗」に亀裂 4月3日発生

神戸新交通のポートライナー。
神戸新交通のポートライナー。全 3 枚写真をすべて見る

神戸新交通が運営する神戸市中央区の新交通システム・ポートアイランド線で4月3日、台車の「案内輪受簗(あんないりんうけはり)」という部分の溶接部が亀裂する事故が発生した。

神戸新交通が4月3日に行なった発表によると、2008年9月に導入した2000形第8編成の5号車にあたる2508号で、係員が運行後の点検で案内輪受簗の下部が濡れていることを発見。その部分を確認したところ、下部の溶接箇所に約110mmの亀裂が判明したという。濡れていたのは侵入した雨水がこの亀裂から染み出していたからとしている。

1981年2月に開業したポートアイランド線は、ゴムタイヤを走行輪として使用する「自動案内軌条式旅客輸送システム」(AGT=Automated Guideway Transit)による新交通システム。左右の軌条に案内輪を接触させて車両をガイドする「両側軌条式」を採用しており、案内輪受簗は案内輪を支える役目を果たしている。今回はその右側が亀裂していた。

神戸新交通では亀裂の原因を調査中としているが、緊急対策として、ポートアイランド線で運用している全19編成のうち、4月3日中に案内輪受簗の構造が同一の16編成を対象に、目視による点検を実施。4月4日からは順次、探傷検査も実施しており、今後は、製造した川崎重工業とともに、恒久対策を検討していくとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV