タクシーで食品などの配送を解禁…新型コロナ対応で期間限定 国交省

タクシー(イメージ)
タクシー(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は4月21日、タクシー事業者が許可を受けた上で、飲料や食料を有償で貨物運送することを期間限定で特例的に認めると発表した。特例措置を運用できるように近く地方支分局などに通知する。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を防止するため、飲食店などで店舗内での飲食を自粛する動きが拡がっている。一方で、飲料や食料を自宅に配送するニーズがあり、これにタクシーのリソースを活用できないかとの提案があったとしている。

国土交通省は検討した結果、道路運送法第78条第3号に基づいて、緊急事態宣言期間に調整期間を加えた5月13日まで、安全管理能力も踏まえ、タクシー事業者が、国土交通省の許可を受けた上で、有償で飲料や食料の運送を特例的に認めることにした。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 在宅生活支援環境整備事業(自動車事故対策費補助金)の概要
  • 地域交通のグリーン化に向けた次世代自動車普及促進事業の概要
  • ASVの一種「踏み間違い衝突防止アシスト」(参考画像)
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV