ジャガー・ランドローバー、英国工場で生産再開… レンジローバー がラインオフ

ジャガー・ランドローバーの英国ソリフル工場
ジャガー・ランドローバーの英国ソリフル工場全 5 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は5月20日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大により休止していた英国工場において、生産を再開した、と発表した。

生産を再開したのは、ジャガー・ランドローバーの英国ソリフル工場だ。ランドローバーの『レンジローバー』が生産再開後、最初にラインオフしている。

ジャガー・ランドローバーは生産再開にあたって、新たなガイドラインを導入し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する。すべての生産ライン、エンジニアリング施設、オフィスエリア、共同スペースでは社会的距離を維持し、衛生や健康面でのモニター対策が実施される。

具体的には、サーマルカメラによる体温チェックをはじめ、従業員の間で2mの社会的距離を確保する。マスクやフェイスシールドの着用、一方通行での移動、強化された消毒など、新型コロナウイルス対策を徹底する。

ジャガー・ランドローバーは、スロバキアとオーストリアの工場でも、生産を再開した。英国のエンジン製造センターでも、インジニウムエンジンの生産を再開している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバーの高性能車「SVO」のラインナップ
  • ジャガー・ランドローバーの英国ソリフル工場
  • 3Dプリントでフェイスシールド用バイザーを生産するジャガー・ランドローバー
  • ジャガー I-PACE
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス IS新型 予想CG

ピックアップ